Windows11のタスクバーをStartAllBackで縦に表示する

Windows

Windows11ではタスクバーを下側にしか表示できなくなっています。どうしても縦に表示したい場合は有料ソフトウェアであるStartAllBackを利用する方法があります。今回はStartAllBackを利用してタスクバーを縦に表示する方法を紹介します。

StartAllBackとは?

StartAllBackはスタートメニュー・タスクバーのスタイルを変更するためのアプリです。

StartAllBack to fix all Windows 11 deal-breaking UI issues
StartAllBackrestorestaskbar,startmenu,contextmenus,explorer,sanity,styleandorder!

StartAllBackでは下記のようにスタートメニュー・タスクバーのカスタマイズできます。

  • タスクバー
    • タスクアイコンにラベルを表示する
    • アイコンのサイズと余白を調整する
    • タスクバーを上端、左端、または右端に移動する
    • スタートボタンは左側に配置したまま、アイコンを中央に表示する
    • タスクバーをセグメントに分割する
    • タスクバーを半透明にする
  • ファイルエクスプローラー
    • 従来のスタイルでリボンメニューを表示する
    • 従来のスタイルでコンテキストメニューを表示する
    • 従来のスタイルで検索ボックスを表示する
    • ダイアログのダークテーマサポート
  • スタートメニュー
    • 従来のスタイルでスタートメニューを表示する
    • アイコンのサイズを調整する

このStartAllBackは有料アプリなのですが、まずは100日間の試用ができるので無料でお試しできるようになっています。

StartAllBackの動作解説

StartAllBackをインストールする

まずはStartAllBackをインストールするために公式サイトにアクセスします。

StartAllBack to fix all Windows 11 deal-breaking UI issues
StartAllBackrestorestaskbar,startmenu,contextmenus,explorer,sanity,styleandorder!

次に「Download v3.6.10」をクリックしてインストーラーをダウンロードします。

StartAllBackのダウンロード

次にダウンロードしたインストーラーをダブルクリックで起動します

StartAllBackのインストーラーを起動する

次に「このユーザーにのみインストール」をクリックしてインストールします。

StartAllBackをインストールする

これでStatAllBackのインストールが完了し、タスクバーが再表示されたら問題ないです。

StartAllBackのインストール後

StartAllBackでタスクバーの位置を調整する

StartAllBackのインストールが完了したので、StartAllBackの設定画面でタスクバーの位置を変更していきます。

StartAllBackのメニュー

タスクバーの表示位置を変更するには、まず左メニューの「TaskBar」をクリックします。

StartAllBackでTaskBarの位置を変える1

次に「Taskbar location on screen」のドロップダウンリストを開いて、「Left」「Right」の中から好きな位置を選択します。

StartAllBackでTaskBarの位置を変える2

これでタスクバーの表示位置の変更は完了です。以下のように選択した位置によって、タスクバーの位置が変更されていれば問題ないです。

StartAllBackでTaskBarの位置を変える3

もしStartAllBackの設定画面が表示されない場合は?

初回起動時はStartAllBackの設定画面が自動で表示されますが、間違って消してしまった・表示されなかった方は「タスクバー」を右クリックし、「コンテキストメニュー」の「プロパティ」をクリックして表示してください。

StartAllBackのメニューが出せないとき

コメント