第2章 Windows11のペイントのUIを理解しよう

Windows

Windows11では画像編集ソフトのペイントがプリインストールされており簡単に画像編集ができるようになっています。今回はWindows11のペイントのUIについて解説していきます。

デジドリ
デジドリ

Windows11のペイントのUIは以前のペイントと大きくUIは変わっていません。しかし細かな違いはあるので、その違いでどこになにがあるかわからなくなることもあるかなと思います。なので今回は新しいUIに慣れていない方のために、どこに配置されているのか、どのような操作ができるのか、ざっくり理解できるように解説していこうと思います。

ペイントのUIは大きく分けて3つの領域がある

ペイントのUIですが大きく分けて3つの領域があります。3つの領域でそれぞれの役割があり、どのような操作ができるのか解説をします。

名称役割
キャンバスペイントの各ツールで編集した画像が表示される領域
ツールバーペイントで画像を編集する各ツールが表示される領域
ステータスバーペイントの各ツールや編集した画像の補足情報が表示される領域
ペイントの各領域の説明

キャンバス

「キャンバス」はペイントの各ツールを利用して画像編集するための領域です。ペイントではこの「キャンバス」に「ツールバー」の画像編集ツールを使って、画像を編集していきます。

キャンバス
図形を使って絵を描いた例、ルーラーとグリッド表示もONにしている

ツールバー

「ツールバー」はペイントで画像編集するためのツールが表示される領域です。「ツールバー」に表示される各ツールの役割は以下のようになっています。

ファイル

「ファイル」は「新規作成」「保存」「印刷」などのファイルの操作をするためのメニューです。

ファイルメニュー
画像名称機能
新規ファイルを新規作成で開いて、ファイルの編集を開始する
開くすでにあるファイルを開いて、ファイルの編集を開始する
最近使ったもの最近開いたファイルの一覧からファイルを開いて、ファイルの編集を開始する
保存開いているファイルを保存する
名前をつけて保存開いているファイルを別ファイルに保存する
印刷開いているファイルを印刷する
カメラまたはスキャナーから取り込みカメラまたはスキャナーから画像を取り込み、ファイルの編集を開始する
送信開いているファイルをメールで送信する
デスクトップの背景として設定開いているファイルをデスクトップの背景として設定する
画像のプロパティ開いているファイルの幅や高さを確認する
ペイントについてペイントのソフトのバージョンなどを確認する

表示

「表示」は「ルーラー」や「グリット線」などの表示補助ツールの表示を切り替えるためのメニューです。

表示メニュー
画像名称機能
100%キャンバスのズーム倍率を100%にする
ルーラーキャンバスの上側と左側に目盛りを表示する
グリッド線キャンバスの上にグリッド線を表示する
ステータスバーステータスバーの表示を切り替える
全画面ペイントを全画面表示する
縮小表示キャンバスの画像を別ウィンドウに縮小表示する

保存・元にもどす・やり直し

画像の編集を「保存」「元に戻す」「やり直し」するメニューが用意されています。

保存メニュー
画像名称機能
保存開いているファイルを保存する
元に戻す編集状態を1つ後ろに戻す
やり直し編集状態を1つ前に戻す

クリップボード

「クリップボード」では「画像の切り取り」「画像のコピー」「画像の貼り付け」などのクリップボードを利用するためのメニューが用意されています。

クリップボードメニュー
画像名称機能
切り取り選択領域の画像を切り取る
コピー選択領域の画像をコピーする
貼り付け切り取り・コピーした画像を貼り付ける

イメージ

「イメージ」では「画像の選択」「トリミング」「サイズ変更」などの画像を加工するためのメニューが用意されています。

イメージメニュー
画像名称機能
選択どの範囲を編集するか、キャンバス上で編集範囲を決める
トリミング選択した範囲に画像をトリミング(切り取り)し、画像のサイズを変更する
サイズ変更と傾斜画像の幅と高さ、画像の傾斜(角度)を変更する
回転画像を90°・180°ずつ回転する
反転画像を上下・左右に反転する

ツール

「ツール」では「鉛筆」「消しゴム」「テキスト」などの画像に線やテキストを描くためのメニューが用意されています。

ツールメニュー
画像名称機能
鉛筆キャンバス上に線を描く
消しゴムキャンバス上に描かれている線などを消す
塗りつぶしキャンバス上の描かれている図を塗りつぶす
カラーピッカーキャンバス上に描かれている色を取得する
テキストキャンバス上に文字を描く
拡大鏡キャンバス上に描かれているものを拡大する

ブラシ

「ブラシ」では「鉛筆」を使うとき、どのような線を描くか選択するメニューが用意されています。

ブラシメニュー1
ブラシメニュー2

線の幅

「線の幅」では「鉛筆」を使うとき、どの太さで線を描くか選択するメニューが用意されています。

線の幅メニュー1
線の幅メニュー2

図形

「図形」では「直線」「丸」「四角」「三角」などの図形を描くためのメニューが用意されています。

図形メニュー1
画像名称機能
図形の選択キャンバスに描く図形を選択する
図形の輪郭キャンバスに描く図形の輪郭を変更する
図形の塗りつぶしキャンバスに描く図形の塗りつぶし方法を変更する

「色」では「線の色」「図形の輪郭の色」「図形の塗りつぶしの色」を選択するためのメニューが用意されています。

色メニュー
画像名称機能
色1線や図形の輪郭の描く色を表示する
色2図形の塗りつぶす色を表示する
カラーパレット色1・色2をクリックで選択した後、色1・色2の色を変更する

ステータスバー

ステータスバーはペイントで画像編集する際に必要になる補助ツールが表示される領域です。ステータスバーに表示される補助ツールの役割は以下のようになっています。

ステータスバー

ポインター座標

「ポインター座標」はマウスポインタの位置がどこの座標にあるのか表示します。

ポインター座標
画像名称機能
X座標マウスポインタが表示されているX座標を表示する
Y座標マウスポインタが表示されているY座標を表示する

選択領域

「選択領域」は選択ツールで選択された領域の幅と高さを表示します。

選択領域
画像名称機能
選択ツールで選択されている領域の幅を表示する
高さ選択ツールで選択されている領域の高さを表示する

画像サイズ

「画像サイズ」は表示している画像の幅と高さを表示します。

画像サイズ
画像名称機能
表示している画像の幅を表示する
高さ表示している画像の高さを表示する

拡大・縮小

「拡大・縮小」ではキャンバスの拡大率を変更するためのメニューが用意されています。

拡大縮小
画像名称機能
拡大率現在の拡大率をパーセント表示する
縮小ボタン拡大率を変更して、縮小表示する
拡大・縮小バー拡大率を変更して、拡大・縮小表示を調整する
拡大ボタン拡大率を変更して、拡大表示する

まとめ

  • 「キャンバス」は「ツールバー」の各ツールを使って画像編集する領域
  • 「ツールバー」には「ファイル」「表示」「ツール」など画像編集に必要なツールが配置される領域
  • 「ステータスバー」には「ポインター座標」「選択座標」「画像サイズ」「拡大・縮小」などの補助的なツールが配置される領域
ペイントの各種領域

コメント