Windows11をパスワード(PIN)なしで起動する

Windows

家でしかパソコンを使わない場合にパスワード(PIN)を指定しなければならないのは少し面倒と感じる方も多いでしょう。実はWindows11をパスワード(PIN)なしで起動する、自動ログオンという機能が用意されてたりします。今回は自動ログオンのセットアップ方法について解説します。

※パスワード(PIN)なしにするともちろんですがセキュリティリスクが高まります。なのでこの設定を有効にするときは、パソコンがセキュリティ的に安全な環境(ネットワーク環境・オフィス環境)での利用が保証されているか、よく考えてから設定しましょう。

Autologonをダウンロードする

Windows11ではAutologonと呼ばれるソフトウェアで、自動ログオンのセットアップができるようになっています。

Autologon - Sysinternals
ログオン中にパスワード画面をバイパスします。
Autlogonのウェブページ

なのでまずは上記のページにアクセスし、「Sysinternals Live から今すぐ実行します。」をクリックしてAutologon.exeをダウンロードします。

Autologonをインストールする

Autologonで自動ログインを有効にする

ダウンロードしたAutologonを利用して、自動ログインを有効にしていきます。

はじめにAutologon.exeをクリックしてAutologonを起動します。

Autologonを起動する

Autologonが起動したら、各入力項目に以下のユーザー情報を記入していきます。

Autologonのフィールド
入力フォーム説明入力する内容
Usernameログオンする際のユーザー名起動したときに入っている値のままでOK
Domainログオンする際のドメイン名起動したときに入っている値のままでOK
Passwordログオンする際のパスワードログオンする際に使っているパスワード
(PINコードではないので注意)

ユーザー情報の入力が終わったらEnableをクリックします。

Autologonを有効化する

これで設定成功ダイアログが表示されたら、無事設定完了です。

Autologonを有効化に成功する

Autologonで自動ログインを無効にしたい

もし自動ログインを無効にしたくなったら、Autologonを利用して以下の手順で無効化してください。

はじめにAutologon.exeをクリックしてAutologonを起動します。

Autologonを起動する

Autologonが起動したら、各入力項目に以下のユーザー情報を記入していきます。

Autologonのフィールド
入力フォーム説明入力する内容
Usernameログオンする際のユーザー名起動したときに入っている値のままでOK
Domainログオンする際のドメイン名起動したときに入っている値のままでOK
Passwordログオンする際のパスワードログオンする際に使っているパスワード
(PINコードではないので注意)

ユーザー情報の入力が終わったらDisableをクリックします。

Autologonを無効化する

これで設定成功ダイアログが表示されたら、無事設定完了です。

Autologonを無効化に成功する

コメント