MacでWindowsのDeleteキーと同じ操作をする方法

Mac

MacとWindowsのキーボードの操作はほとんど同じではありますが、前後の文字を削除するためのbackSpaceキーやdeleteキーの役割などが違います。そのためMacを初めて使う人は以下のような感想を持ちがちです。

  • deleteキーを押すとbackSpaceキーと同じ操作になるんだけど!?
  • Windowsのdeleteキーに相当する操作って無いの?使いづらくない?

本記事ではMacを初めて使う人向けにキーの役割がどのように違うのか、Windowsと同じ操作をするにはどうしたら良いかに焦点を当てて解説をします。

WindowsとMacのbackSpaceキーとdeleteキー操作の違い

Windowsの場合

WindowsにはbackSpaceキーとdeleteキーが存在します。

Windowsでは「backSpaceキーでカーソルの前の文字を削除する」というキー操作ができます。

またWindowでは「deleteキーでカーソル後ろの文字を削除する」というキー操作ができます。

キー 操作内容
BackSpaceキー カーソルの前の文字を削除する
Deleteキー カーソルの後ろの文字を削除する

Macの場合

MacにはbackSpaceキーがそもそも存在せず、deleteキーしか存在しません。

またMacでは「deleteキーでカーソルの前の文字を削除する」というキー操作ができます。

キー 操作内容
BackSpaceキー 操作不可
Deleteキー カーソルの前の文字を削除する

Macで「カーソル後ろの文字を削除する」には?

というようにMacではBackSpaceキーが存在しないためDeleteキーで「カーソルの前の文字を削除する」という操作になっています。

「カーソル後ろの文字を削除するにはどうしたら良いの?」という疑問が残ると思いますがMacでは「fnキー + deleteキー」または「controlキー + dキー」で「カーソル後ろの文字をを削除する」という操作ができます。

やりたい操作 Windows Mac
カーソルの前の文字を削除する backSpaceキー deleteキー
カーソルの後ろの文字を削除する deleteキー Fnキー + deleteキー | controlキー + dキー

おわりに

WindowsとMacではキーボードの操作にも違いがあります。少しややこしいなーと思うこともあると思いますが、大きな違いはなく細かな違いしかありませんので、少しづつ使い慣れて違いを吸収できるようになりましょう。

コメント